なぜ「あり方」が大事なのか?

あり方が大事な理由

今日は

なぜ「あり方」が大事なのか?

という話をしたいと思います。



特に経営者が
学ぶ場や交流する場で

「経営者は『あり方』が大事だ」

なんていう話が
よく聞かれます。



私自身も「あり方」は
大事だと思っています。



しかし


なぜ、大事なんでしょうか?



「『あり方』とは人生だ」


みたいな意味で
大事だと言われる方が
割と多いように思います。



もちろん、そんな意味も
含まれると思いますが


行き着くところ

人は全て主観で
 物事を捉えているから

というのが
私の答えになります。



もう少し
具的的に言うと


この「全て主観」
という事が


人間関係には
折り込み済みだから
と言うことです。



主観というのは


その人から
他の人に対して


「矢印」が
一方向
出ている状態です。



そして


人は
自身の主観によって
情報を処理して
言葉を発しています。



そのような主観で
話していると
何が起こるでしょうか?



これ、ものすごく
当たり前の話なんですが


主観ですから


当然ながら
間違った事や
欠落している事を
言ってしまう


という事が
頻繁に起こる訳です。



つまり、私たちは


間違っている事も
誤解している事も
たくさんある中


話をしているのだ
ということです。



もし、言動が


間違っている・合っている


という事だけで
判断されるならば


主観的な言動を
発するだけで


「この人には付いて行けない」
「この人は尊敬できない」


という事が起こりうる訳です。



しかし


そう単純ではありません。



なぜでしょうか?



人は人の

「あり方」を見ている

からです。



たとえ
言っている事が


間違っていたり
たまに自分勝手な
ことを言っても


人は
相手の「あり方」を見て


人となりみたいなモノ
判断しているのです。



「あり方」とは

人が持つ
基本的な思考・振る舞い
です。



そして


その思考・振る舞いとは


一人ひとりがこれまで
生きてきた中で


自分らしさを追求し
見極め・身に付けてきた
モノなんじゃないでしょうか。



いかがだったでしょうか?



少し分かりにくい
話だったかもしれませんが


私たちは、多くの場合
主観による言動を元に
人を判断していない


だからこそ


普段からの 「あり方」が
大事なんじゃないか
ということですね。



今回も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。




この記事にピンと来た人は...
 ↓ ↓ ↓