リーダーに必要なのはコンサルティングではない


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
今日のテーマは、
 
「リーダーに必要なのは
コンサルティングではない」
 
というお話をしたいと思います。
 
 
 
人事系のコンサルや士業の方で、
 
人の育成とか、
人の教育について携わっていきたい
 
という方は
たくさんいらっしゃると思います。
 
 
実際に、
そういう研修授業をやっていますとか、
研修講師をやっています
という方も多いでしょうし、
 
人事コンサルティングをやっています
という方もいらっしゃると思います。
 
 
もちろんコンサルティングにも
いろんな方法がありますし、
 
何をコンサルティングするか
という事にもよる訳ですが、
 
私は、
リーダーにとって必要なのは
コンサルティングではなくてコーチングだと
思っています。
 
 
何故かというと、
私のリーダーの定義から言うと、
リーダーと言われる人は、
 
先頭を走る人なのです。
 
 
経営リーダーというのは、
経営者や経営幹部だったりする訳ですが、
 
ある領域、
部署であったり何なりにおいて、
自分が任されて、
先頭を走って、物事を決めている
 
ということが
リーダーのやっている事だとすると、
 
リーダーにとって必要なことは、
答えを作る事、導き出す事です。
 
 
つまり、
答えを教えるコンサルティングであるなら、
必要は無いという事です。
 
 
ここを履き違えてはいけないと
私は思っています。
 
 
だから、
リーダーにとって必要なのは
コンサルティングではないというのは、
 
経営者が答えを出すために
必要なリソースや
大事なのに知らない事をお伝えする
 
という事はあるかもしれないけれども、
 
経営者として必要な決断に対して、
「こういう決断をしたらいいですよ」
と教えることがコンサルティングではない
と私は思っているからです。
 
 
ましてや、
答えを教えられてやる
というような事ではリーダーにはなれないし
 
リーダーとして、経営者として、
失格だろうと思うのです。
 
 
ですので、リーダーに必要なのは、
コンサルティングではなく、
コーチングなのだと私は思っているのです。
 
 
 
ぜひ、
人材育成に関わっている、
経営者のサポートに
関わっているのであれば、
 
そういうポジションにいるからこそ、
この辺りをしっかり区別して、
関わって頂けたら良いのではないか
と思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください