組織の成果に対してレバレッジを効かせるための思考法とは?

組織の成果に対してレバレッジを効かせるための思考法とは?

今日は
『組織の成果に対してレバレッジを
効かせるための思考法とは?』

というお話です。

こんにちは
実践を重ねながら学び続けている
チームビルディングコンサルタントの水口です。


今日の動画はこちらです

▼▼▼
組織の成果に対してレバレッジを効かせるための思考法とは?


いまどき。。。
インターネットを使えば、近所にある
美味しいラーメン屋さんやイタリアンなど

ものの数分で見つけ出してくれます。


コロナ禍
長蛇の列に並ばなくて済むように
ネットで予約。。。

更には順番が近づくにつれ
携帯にこまめな連絡が入るなど

痒い所に手が届くシステムが
当たり前になっています。

知りたい情報が
瞬く間に手に入る時代なのです。


実に効率よくスピーディに
消費者のお困りごとに応えてくれる時代です。


なのに。。。組織の成果を導く手段は
実にアナログで非効率な問題解決の方法を

やり続けてきているのです‼

と、いう事にさえ
気づいていないコンサルタントが
多いことも現実です。


それが、これまでの
世の中の問題解決の方法だったから。。。


しかし
コロナの世界的流行により
遅れ気味だった日本のIT化が進み

今までにないスピード間で
世の中の常識が変化している今

組織における問題解決の方法も
時間的な効率UPという事が
求められています。


行動を起こした分だけの
成果が上がる方法を研修として提案できたり

コンサルティングしていく事が
必要になってくる訳です。


組織の成果にアプローチする思考法とは。。。
是非、動画をご覧頂き
思考の更新をして下さいね。

▼▼▼
組織の成果に対してレバレッジを効かせるための思考法とは?

今日はここまでです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。