働き方改革を進めるコンサルタントの役割とは

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

働き方改革を進めるコンサルタントの役割とは

という話をしたいと思います。

 

働き方改革を進める
コンサルタントの役割と
言いますと

コンサルタントとして
どういうことをやるか
という話になります。

前からお伝えしているように
本当は働き方改革を進めるとは

自発的な組織を作ることだ
という話をしていました。

ということは、
働き方改革を進める
コンサルタントというのは
自発的な組織を作ることが
役割なのです。

違う言い方をすると
働き方をどう変えるかを
指導することではない
ということです。

 

働き方改革を進める
コンサルタントという風に
言ってしまうと、

こうやって働いてくださいとか
こういうやり方がいいですよとか
こんな風になってくださいとか

働き方を変えて行くことを
提案したり
アドバイスをしたり

指導することが働き方改革を
進めるコンサルタントだと
思ってらっしゃる方が
多いと思いますし、

普通はそう思うのではないかと
思いますが、

そうではない、
ということです。

だからこういうやり方も
私は知っていますとか
事例とか情報提供することは

働き方改革を進める
コンサルタントとして
やる必要があるし、

行った方がいいという
話かもしれないけれども、

それが答えですよと
言うことではないというのが
大事なポイントだと思います。

 

前提として、
自発的な組織を作るということが
コンサルタントの最大の役割なんだ
ということを分かっていると
そうなんだよな、という風に
理解していただけるのではないかと
思います。

ぜひ働き方改革を進める
コンサルタントとは何か
ということを頭に入れて頂いて、

そのことにあたって頂きたい
という風に思います。

 

いかがだったでしょうか?

何かご意見、ご感想をお待ちしております。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください