チームビルディングコンサルタントの契約とは?


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日は、
 
チームビルディングコンサルタントの契約
 
というテーマについてお話をしたいと思います。
 
 
 
「チームビルディングコンサルタントって
どういう仕事をしているの?」
 
という事と同時に、
 
「どんな仕事の仕方をしているんですか?」
 
という質問をよく頂きます。
 
 
そういえば、
そんな話はしたことが無かったので、
改めてお話をしたいと思います。
 
 
特に、
 
“私の場合は”という事や、
 
 
私が進めている
 
「チームビルディングコンサルタント」
 
というポジションに関してになりますが、
 
 
基本的には顧問契約型
 
 
と考えています。
 
 
 
顧問契約型とは
どういう事かと言いますと、
 
 
例えば士業の方で、
 
社労士さんだったら
社労士さんとして士業の業務を
お客さんに提供する、
 
 
税理士さんだったら、
資産表を作るなど、
月々でデータをまとめてやっていく
 
 
そのように月々で、
ずっと決まった金額で契約があって、
決まったことを続けてやっていく
 
みたいな事です。
 
 
チームビルディングコンサルタントも
基本的にはそのような
顧問契約という形になります。
 
 
逆に、例えば、
 
人事コンサルタントとして、
 
「評価制度」や「仕組み作り」
のコンサルタントの場合だと、
 
 
「評価制度」や「仕組み作り」を
する期間や、
 
制度や仕組みを作るという事
 
 
に対しての
 
フィーだったり、契約だったり、
 
ある種、期間契約みたいな形だと
思います。
 
 
チームビルディングコンサルタントにも、
そういう形の契約もありますが、
 
基本的には顧問契約型、
 
毎月ごとの定期契約で
やっていくという事です。
 
 
では、その顧問契約の中で、
 
どんな話をしているか、
 
どんなことを役務として
提供しているか
 
というと、
 
 
まさしくコンサルティング
 
 
というより
 
 
アドバイスです。
 
 
 
例えば、
 
どんな人を雇ったらいいのか?
 
次にどんなリーダーを育てたらいいのか?
 
どんなリーダーを次に抜擢すればいいのか?
 
どんな人を異動させればいいのか?
 
上手くいってないチームを
上手くいかせるために
人事配置をどうすればいいのか?
 
などなど、
 
 
そういう本来の意味での
コンサルティングとか、
アドバイスを、
 
 
月々にやっていく
 
もしくは、
 
困った時に連絡したら、
いつでもお答えできる
 
 
という状態を作るのが、
 
 
顧問契約型の
チームビルディングコンサルタント

 
だと思っています。
 
 
実際、私はそうしています。
 
 
こんな形で、
チームビルディングコンサルタントの
契約を取っている訳です。
 
 
このようなビジネスモデルに
興味があれば、
 
ぜひ、
チームビルディングコンサルタントを
目指して頂きたいなと思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください