士業・コンサルを悩ます「経営者のビジョンがない」場合どうするの?


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
経営者にビジョンがない場合どうするの?
 
というお話をしたいと思います。
 
 
これは、
 
士業やコンサル、コーチの方だけでなく、
 
研修講師、セミナー講師の方にも
よく尋ねられる事なのです。
 
 
 
「経営者のビジョンをどう実現するか?」
 
という事の為に、
 
研修やセミナー、
コーチングやコンサルティングって
あるものだと
 
基本的には理解しているのですが、
 
 
「経営者にビジョンが無い」
 
 
という場合が、結構出てきます。
 
 
 
私自身も
 
「そういう場合どうしたら良いのですか?」
 
とよく尋ねられるのです。
 
 
 
実は、
 
「ビジョンが無い」
 
という事はあまり無くて、
 
 
ビジョンが無いというよりも、
 
目の前の
困り事や問題にフォーカスしすぎていて、
 
 
ビジョンが、
 
見えなくなっている
見れなくなっている
 
と理解したほうがいいと思うのです。
 
 
もちろん、
 
そうしたビジョンを決めるための
コーチングとかコンサルティング
 
というのはある訳ですが、
 
 
それをするまでもなく、
 
 
まずは、
 
「目の前の困りごとが
解決したらどうなるのか?

 
と聞いてみる事です。
 
 
 
例えば、どんな感じかというと
 
「○○が何かの形で解決したとしたら、
それは、どういう状態になるのですか?」
 
という事を聞きます。
 
 
私は割とそういう質問をします。
 
 
そこで、
相手のクライアントさんが、
 
「○○になると思います」
 
と答えたとします。
 
 
大事なのはここで、
 
「○○ですね?」
 
と、ちゃんと確認するという事です。
 
 
こういう事をきちんとやる。
 
 
当たり前の事かもしれませんが、
この往復がすごく大事なのです。
 
 
そうして、
 
「それでいいですか?」
 
「これで大丈夫ですか?」
 
と確認した際に、
 
 
半分の確率で、
 
「いや、そうじゃないかも」
 
「それだけでは不足だな」
 
という事を
経営者の方が言われる場合あります。
 
 
その時に、
 
「じゃあ、その不足分を足すと
どんな感じになりますか?」

 
と促してみると、
 
 
自然と、そのお困りごとや問題から、
 
ぼやっとしているけれども、
アウトラインとして
 
ビジョンが出てくる
 
という事って結構多いのです。
 
 
 
ですので、
 
「ビジョンが出てこないな」
 
といった場合に
 
 
問題にフォーカスするのではなくて、
 
「解決したら・・・」
 
という質問に変える。
 
 
ぜひこの流れで、
やって頂きたいと思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください