成果が上がり続ける組織の基本 パート2

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

成果が上がり続ける組織の基本 パート2

ということで
成果が上がり続ける組織の
基本中の基本を

前回に続いて
お話をしたいと
思います。

 

二つ目のポイントとして
成果の方向性と定義が
明確かどうかが

私は大事なのではないかと
思っています。

これは人材が成長する方向性とも
イコールだと思います。

前回は
人材が成長してるかどうかが大事
というの話をしたのですが、

その成長の方向性は
会社が目指す方向性と
イコールなのかどうか、

つまりどういう風になったら
成果と言えるのかという
定義が明確かどうかが
すごく大事なのです。

 

よく言われる
ビジョンを決めましょうや
ビジョンを作りましょうなどは

成果の定義がビジョン
ということになります。

ビジョンを達成することは
こういう姿になると
成果が上がっている
ということが

認知できている
ということです。

ビジョンというのは
成果として認知できる姿とも
言えると思います。

だからビジョンが
大事になるわけです。

 

この会社は成果が
出ているのか出ていないのかを
判断する基準として

ビジョンは成果を上げ続ける組織に
含まれていると私は思っています。

成果が上がり続ける
組織の基本として
必ず必要なことは

成果の方向性と定義が
明確化されている
ということだと私は思います。

 

いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください