チームビルディング流「人のモチベーションが自然に上がる理由」とは?


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
「人のモチベーションが自然に上がる理由」
 
というお話をしたいと思います。
 
 
 
チームビルディングに携わっていると、
 
必ず、
 
「人のモチベーションの話」
 
というのが出てきます。
 
 
「人のモチベーションって
どうやって上がるんですか?」
 
という質問も本当に多いのです。
 
 
 
そこで今回は、
 
「モチベーションが自然に上がる理由」
 
をストレートにお伝えしようかな
と思います。
 
 
 
ポイントは、
 
「人の強みで、人の弱みをカバーする」
 
「誰かの強みで、誰かの弱みをカバーする」

 
という事を
積極的にする、やっていこうという事です。
 
 
 
誰でも、
自分の弱みや不得意なものって
 
時間が掛かったり、
 
ミスが多かったりしますよね?
 
 
私自身も弱みがあって、
 
細かい作業がすごく苦手だったり、
細かい事がすぐに抜け落ちたりする
 
という事があります。
 
 
それでスタッフに
本当にたくさん助けられている訳です。
 
 
やはり、
そんな「弱み」をカバーしてもらえた時に、
 
相手への感謝とか
相手の有難さ、
存在をすごく認めることが出来る

 
という事を実感する訳です。
 
 
 
逆にカバーした側は、
自分の「強み」でカバーしているので、
 
あたかもそれが
普通だったり、当然だったり、
当たり前のように出来る訳です。
 
 
でも、それを、
感謝されたりする
ということは
 
非常に嬉しいというか、
認めてもらえて良かったとか、
ここで働いていて良かった!

 
という感情になるのです。
 
 
なので、私自身、大事なことは
 
「人の強みで、人の弱みをカバーする」
 
「誰かの強みで、誰かの弱みをカバーする」

 
ということが出来れば、
 
 
人のモチベーションって
自然に上がると思っています。
 
 
実際に、
私のクライアントさんも含めて、
どんどん上がっていく
という状況になっています。
 
 
 
ここで大事なことは、
 
「人の強みで、人の弱みをカバーしよう」
 
というカルチャーだったり
習慣や考え方を広めていかないと、
 
「モチベーションが自然に上がる理由」
 
には、ならないという事です。
 
 
 
ですので、
 
「人の強みを活かしていこう」
 
とする事と同時に、
 
 
「人の強みで、人の弱みをカバーしていこう」
 
という事をぜひ、
 
経営トップや経営幹部の人から、
話して頂きたいなと思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください