戦略と人材の関係こそがチームビルディングの要

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタント
の石見です。

2つ前のブログにて
http://urx.nu/iXRi

ハリルホジッチ日本代表監督の
取り組む重要なテーマと視点について
書いてみました。

日本代表で
アルジェリア代表と
同じようなアプローチを取るなら

『高い戦術理解度と戦術実践度』

を持つ選手を選ばないといけない

とお話しました。

ただし・・・
「ワールドクラスのスキルはもちろんで
この戦術の理解度と実践度の高い選手」
がいなかったらどうするかの?

ということになれば
この4年間のアプローチは
全く変わってくるでしょう。

ある意味
最初の半年で4年後の戦いを
どう見据えているのかが分かる
かもしれません。

アルジェリア代表を率いたような
4年間の成長戦略を描くのか?

それともそれとは全く違う
成長戦略を描くのか?

どこに日本のサッカーに
アイデンティティを見つけて
強く成長させていくのか
本当に楽しみです。

チームビルディングの現場で
私が思っていることは・・・

会社の戦略は結局、
今ある人材に依存するというか
依存した形でスタートを切る
しかないわけで・・・

その中でどのように
成長戦略を練っていくかしか
ないのです。

私はその中でも大事にしているのは
そこにいるメンバーの
「学習能力」です。

学習能力が高い人が入ればいるほど
高い人を積極的に使っていけば
行くほど依存しながらも
大きな成長を成果を導くことが
できると思っています。

あなたがコンサルタントとして
現場にたったときに
この学習能力を見極める目を
大事にして欲しいと思います。

ハリルホジッチ日本代表監督が
本当の意味でリアリズムを持って
日本代表監督としてその場に
立てるか・・・

それはある意味・・・
日本人の持つ資質について
気づくかどうかということでもあります。
本当に楽しみですね。

日本人の持つ資質について
次回のブログでは
話してみたいと思います。

f9587da9ad5ed344ac2f87a48846871b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください