コンサルに必要なのは根拠のない自信です。

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。

根拠のない自信という話
いろんなところで大事ですよね・・・。

という話って耳にします。

そういう意味では
コンサルの立場というのは
ある意味、根拠のある立場で
コンサルティングするのが当然というか
当たり前なんだと思うのです。

それこぞ
知識なりスキルなり、成功体験や
成功経験がなりが必要なんだと思うのです。

それは重々、かさねがさね
100も承知で言うのですが・・・

コンサルには根拠のない自信が必要だと
私は思っています。

それはなぜか??

これだけビジネス環境が激変していく中で
だれも未来なんて分からないからです。

つまり・・・

【未来なんて誰にも分からない】

中でコンサルとして
成果を出すということは・・・

「将来何があっても、どんな不測の事態が
起きたとしても、必ず成果を出す。」

という覚悟が必要だということなのです。

それが最後の最後
コンサルが成果を残せるかどうか
にかかっているんだと思うのです。

そしてそれが

【熱:パッション】という形で

コンサルが現場でコンサルティングをする場に
プレゼンスとして現れるんだと思うのです。

私がこの仕事をやってきて今まで
どのクライアント様にも

「必ず、成果を出してもらう!!」

といつでも、どんなときでも
思いながらやってきました。

それが本物の成果と
本物のノウハウを生み出したのではないか
と思っています。

2014-04-10 16.48.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください