複利の行動変化を起こすには?

今日はこの複利の行動変化を起こすために
どうすればいいのかについてのお話です。

これは、私が研修講師の立場で
クライアント企業の社員さんの前に立つ時も、
コンサルタントとしてクライアント企業の
社長様や経営幹部の方と接する時も、
大事にしている事になります。

「それはすぐやったほうがいいし、上手くいく」

と心から思い、

私といるその場、つまり研修の場や
コンサルティングをしている場で
やってもらうという事です。

そうすると必ず上手くいくのです。

何故ならそこに私がいるから
もし上手く行かなくとも
私が上手くいくように導けるからなのです。

そうして

・「すぐやったほうがいい」という思い
・実際に上手くいったという実績

の2つがその場に揃うと、
もちろん次の日からも続けていくようになるのです。

それが例え小さい事であったとしても
なんてたって複利の行動変化ですから
3か月、6か月でみるみるうちに変わっていきます。

この2つを揃えさせる場をどうつくるか
そして、その日、その時に行動変化を起こすことが
もっとも大事な事なのです。

どんどん成長していく組織にしたい
知らず知らずに顧客サービスが良くなっている
勝手に売上も利益も上がる組織にしたい

そう思うなら

・「すぐやったほうがいい」という思い
・実際に上手くいったという実績

の2つが揃う機会を社内で作ってください

必要とあらば、私がお手伝いさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください