教える事が得意な「先生」という仕事がやっている事

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。

教える事が得意な先生業をしている方々は
大まかに分けて2つあります。

1つ目は・・・
相談された事について
「どう解決すればいいか」
について教えてくれて、
場合によっては手伝ってくれたり
代わりにやってくれたりします。

2つ目は・・・
相談された事について
「相談者自身がどう解決すればいいか」
について教えてくれて
相談者自身が自ら取り組みます。
場合よっては手伝ったりします。

経営コンサルティングの先生や
HPやチラシ等の制作関係に従事するような
マーケティングコンサルタント、

税理士や会計士先生、
中小企業診断士を持つ先生も
ほとんどが1つ目で上げたような
アプローチをとられます。

そうなるとどんな事が起こるか?
想像できますか?

そもそもの
人との接し方や
話の聞き方や
話し方や
態度(身振り、手振り)
も変わってくる事は想像できますか?

ちなみに私はコーチという仕事柄
教えるという場合の時も
2つ目の方法でアプローチしています。

この2つの違いは
具体的にどう違うのでしょうか・・・



続きは明日のブログにて(笑)

images

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください