日本でバレンティンが生まれるか?

バレンティンと言えば
去年話題になった野球選手のひとり。
王貞治さんの年間ホームラン本数記録を
塗り替えた選手として有名になりましたね。

ヤクルトや楽天の監督を務めた野村さんが
「日本選手に破って欲しかった」
と公言していたのは、
私の記憶にも大きく残っています。

果たして日本からこのバレンティンの記録を
破る選手は生まれるのでしょうか?

ここで2013年9月19日付 日本経済新聞 朝刊で
書かれた記事を抜粋して紹介いたします。

残念ながら、先日台湾で行われた18歳以下、
つまり高校生クラスのワールドカップを見る限り、
先行きは厳しい。

~~~~~

おそらく「打撃観」が違うのだ。

米国は
「毎回クリーンヒットするのは難しい。
打ち損じても外野の前に
落ちるようなスイングをしよう」
と考える。

日本は
「打ち損じをしないためにはどうするか」
と考える。

この違いが小学校から中学、高校と
過ごすうちにとんでもない差を生む。

バットを振れるかどうかは
人種の違いとか体格差の問題ではなく
思想、教育の問題なのだ。

日本人が生まれたときから、
米の飯の味を覚えるように、
最初から「ハードヒット」の思想で育てれば、
結果は違うものになるだろう。

~~~~~

ある意味・・・
日本のサッカーが模索し続けている
「日本らしいサッカー」のように、
日本の思想に根差して進化する「日本の野球」と、
その進化していく思想の中から
日本人スラッガーが生まれ記録を
塗り替えるのではと思うのです。

その意味において王貞治さんは
日本の思想から生まれたスラッガーであり、
現在王さんを越える存在が出てきていない。

ということは・・・
日本の野球の進化がまだまだ
発展途上と言えるかもしれません。

ダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください