リーダーやリーダーシップが捉えにくい理由

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。

私自身が
リーダーやリーダーシップの
理解を深めて行く中で、
何故捉えにくいのかという事について
気付いた事があります。

それはリーダーとかリーダーシップ、
マネージャー、管理職などの言葉がある中で、
それら1つ1つを共通の定義として
確立してこなかった事や敢えてさせてこなかった、
あるいはさせることに
意味をもたせなかったとも言える背景があります。

それぞれの言葉を定義つける時に大事なのが、
MECE(ミッシー)<漏れなくダブりなく表現すること>
な状態なのですが、

各言葉がそれぞれ固有のものとして
漏れなくダブりなく説明されていないという現実です。

もしくはMECE(漏れなくダブりなく)でなくとも、
ここの部分が同じでここの部分が違うという事が、
はっきりと区分け出来ていないのが
根深い問題ではないかと感じています。

なぜ定義づけさせることに
意味を持たせなかったといえば、
各企業におけるリーダーシップマインドの
養成やリーダー育成は、結局、
その企業が成長していく
ためだけに必要なものであり、
それぞれの企業の歴史や
1つ1つ違う背景の違いに合わせて
教えていかなければ意味がない、
という事に行きつくからでしょう。

ですから有名な企業の
実績を残した経営者が書いた本の内容は、
どこまでいっても
その企業が求める
リーダーシップやリーダーについてであり、
それを念頭において
私達は本を読む必要があります。

結局そこから
自分が何を学ぶかという形でしか、
リーダーやリーダーシップを学べないのです。

私たちはとしてはこの難攻不落な
リーダーとリーダーシップについて、
真正面から取り組んでいくこと
と決め挑んでいます。

ダウンロード (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください