「チーム」という組織単位に必要なこと

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。

チームと表現する時、
あなたはどんな事を想像しますか?

私も含めて多くの方は
スポーツのチームを想像する
のではないでしょうか??

チームとは何かを
改めて思うチャンスを得たことを
残しておきたいなと思い
ブログに改めて書いておきます。

それは東北楽天イーグルスから
ニューヨークヤンキースに移籍した
田中将大投手のインタビューで、
彼がニューヨークヤンキースでの
目標を聞かれた時に

「ワールドシリーズで優勝すること」

と言ったことです。

気がつかない人は
何気なく聞き流して発言かもしれません。

やはりプロフェッショナルの中の
プロフェッショナルな選手だからでしょうか

【何のために自分がここにいるのか】

をぶれずにいるのを感じました。
自分達の組織をチームと呼ぶ時、
そのチームの構成員一人一人は

【何のために自分がここにいるのか】

をはっきり持てていなければなりません。
厳しい表現をすれば1人1人が
それを持てていない組織はチームとは言えないし、
チームとして機能しないという事になります。

私の少ないながらの経験の中で思う事は、
【何のために自分がここにいるのか】
を考えられていない人の多くは、
職場で自分勝手に振る舞っているように見えます。

この自分勝手さが
チーム力を大きく下げている要因でもあるのです。

自分達の組織を
チームにしていこうと思われるのであれば、

是非・・・
【何のために自分がここにいるのか】
を考える時間、

できれば・・・
発表する時間を持って頂きたいと思うのです。

もちろんそこでは経営リーダーが率先して
【何のために自分がここにいるのか】
を発信してもらいたいと思っています。

images (3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください