士業・コンサルタントとして「厳しく接するか優しく接するか?」どう答えますか?

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディング
コンサルタントの石見です。

今日のテーマは、

「厳しく接するか優しく接するか?」

というお話です。

私達、コンサルやコーチ、士業の
大部分の人たちは、

経営者や経営リーダーだったり、
研修先の部課長の方に
聞かれる事があると思うのです。

厳しく接したほうが良いんですか?
優しく接したほうが良いんですか?

みたいな話って。

そこで、皆さんは
どのように答えていますでしょうか?

私は、どう答えているかというと、
一言で、

「それってどちらも手法の話ですね」

「手法の話なので、どちらでも良い
と思います」

という話をしています。

どうしてそうなるかというと、

結局、
厳しく接するか、
優しく接するかというのは、
何のためにやっているかというと、

目的や目標、ビジョンを達成する為とか
問題解決する
という事のベクトルに向かって、
私達が人間関係を築いていく中で
“どう接するか?”

という話です。

だから、どう接するかというのは、
やはり

目的や目標、ビジョンを達成するとか、
問題解決をするというベクトルの中で
“どう考えるか?”

という事がベースにないと、
この話はどちらがいいか
という話にはならないのです。

ですので、もちろん、
そういう話を聞いた上で、

「厳しく接するか、優しく接するか、
どっちがいいですか?」

と尋ねられると、

私なりに、
厳しく接したほうが良いとか、
優しく接したほうが良い
というような事はお答えできると思います。

しかし、そうではなく、
「厳しく接するか、
優しく接するかどっちですか?」
と単発で質問を頂いた時には、

「どちらも手法の話ですね」

と伝える事も、
大事なんじゃないかなと思います。

それはどちらも手法の話なんだと、
その人に気付いてもらうという事も
私達にとって大事な役割ではないかな
と思うのです。

ついつい私達のクライアントさんは
こういう所に囚われがちになります

私達も囚われがちになります。

ぜひこのあたり、
手法に囚われないという事を、
思考して、
身に付けて頂きたいと思いますし、

ご自身が今後、
そういう事を尋ねられた時にどう答えるか
という答えを持っておくことも
大事ではないかと思います。

いかがだったでしょうか?

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください