【フィードバック入門】中原 淳 (著)

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディング
コンサルタントの石見です。

今日のテーマは、

「フィードバック入門」

~耳の痛いことを伝えて、
部下と職場を立て直す技術~

のお話です。

これは実は
中原淳さんという方が書かれた、
「フィードバック入門」という本の
タイトルであり、お話です。

最近は、
セミナーとか、仕事の関係で、
昔読んだ本を読み直したりとか、
精読している事が割と多くて、

新しい本を
あまり読んでなかったのですが、
久しぶりに読んだ新刊でした。

実は、
フィードバックの本というのは、
あまり世の中に出回っていないのです。

私自身、フィードバックが大事だと、

「フィードバックが何より
成果を上げることで必要な事なんだ」

ということを
色んな所でお伝えしているのですが、

フィードバックの事だけを書かれた本って
なかなか無かったと思います。

ひょっとすると今まで、
そういう事を切り口にして、
本にするのが難しかったのかな
という気もしないでも無いのですが、

本当に、
この本は素直にお勧めです。

ポイントとしては、
やはりフィードバックのエッセンスが
詰まった本だという事です。

この本を読まれて、
フィードバックの大事さが
より世の中に伝わっていくといいな
と思っています。

私自身も、この本を元に、

いろんな方にフィードバックとは
どういうものなのか

という事を伝えるような、
セミナーや研修みたいなものを
やっていきたいなと思いました。

フィードバック全体的なことから、

今の世の中、
なぜフィードバックということが必要なのか

そういう背景や
実際、今だからこそ、
こういう事が必要なのだ

という事も含めて、

この本には
良いことがたくさん書かれています。

イマイチ、

成果が上がってないんだよな

コミュニケーションが
上手くいってないんだよな

という方は、

ぜひ、
この「フィードバック入門」を
読んで頂けたら良いのではないかな
と思っています。

いかがだったでしょうか?

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください