変革を導けるチームビルディングコンサルタントとは?

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディング
コンサルタントの石見です。
 
 
今日のテーマは、
「変革を導けるコンサルタントとは?」
というお話をしたいと思います。
 
 
どうでしょうか?
 
皆さんは、
 
「会社を変えていきたいとか」
 
「これから、モチベーションが
どんどん上がっていく組織を作りたい」
 
みたいなご相談をされて、
 
どうのように、
クライアントさんのリクエストに
答えていらっしゃるでしょうか?
 
 
私自身、
チームビルディングコンサルタントとして、
いろんな
「会社を変えていきたい」
「成長させていきたい」
という方のご相談に乗る訳です。
 
そこで、
これは私自身がやっている事
と言ってもいいと思いますが、
 
変革を導けるかどうかの大事なポイントは、
 
やはり、
 
「人」と「事」
 
に精通する必要が
あるのではないかと思っています。
 
 
「人」というのは、いわゆる人間です。
 
人間に対する
造詣の深さとか、真理です。
 
人というのは、
どういうものなのか、
どういう生態をしているのか、
 
という事に対しての
深い洞察力や知識で
精通すべきだと思っています。
 
 
「事」は物事です。
いわゆる専門的知識です。
 
例えば、
マーケティングやセールス的な事だったり、
ヒューマンリソース、人事、
何かしらの制度やシステムであるとか、
 
要は、自分のプロフェッショナルとしての
専門性みたいなものが、
必要だと思っています。
 
 
そして、その両方共がないと、
変革を導くのは難しいのではいか
と思っています。
 
 
人のことだけに精通していても、
結局、物事として上手く行かない
 
物事に精通していても、
結局、それをやってくれる人のことに
精通していなければ上手く行かない
 
という事になるのではないか
と思っているのです。
 
 
なので、
変革を導ける、
組織を変えていける
コンサルタントになろうと思えば、
 
やはり「人」と「事」に精通する必要が
あるのではないか
 
というのが、
私が今、思っている事でもあり
私自身、ずっと磨いてきた事だと
思っています。
 
 
変革を導こう、
組織を変えていける人になりたい
と思う方はぜひ、
 
「人」の事に対する造詣を深め、
「事」に対する造詣を深めていって頂ければ
 
と思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください