W杯:日本対コートジボアール戦から学ぶ

日本で唯一の売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。

ワールドカップ、日本対コートジボワール戦
日曜日という事もあって沢山の方が
見られたことと思います。

私も自宅で家族と見ていました。

既にあらゆるメディアで
サッカー解説者やサッカーを愛する人々が
この戦いについて語っておられます。

サッカーの専門的な事は、
私には詳しくはわかりません。

ただ私が「あっ!」と思ったのが、
去年のブラジルでのコンフェデレーション杯、
日本対ブラジルの戦いそのままでないかい?と。

試合運びといい、試合の雰囲気といい、
試合終了後のコメントといい良く似ている・・。
何なんでしょうかこれは・・・。

これは何を意味しているのでしょうか?

ちなみに
コンフェデレーション杯の残り2戦は惜しくも、
イタリアに負け、メキシコに負けと、
3戦全敗し残念な結果になりました。

ただ、この2戦の日本の戦いが
私は世界への扉を開いたのではないかと
今でもある種の確信を持って見ています。

私が思うには・・・
今回もまた同じようなチャンスが周ってきた
のではないかと・・・。

私にはあたかも残りの2戦を勝てと
言わんばかりのチャンスを頂いたのではないか、
そう思えて仕方がない気がします。

私は希望的な思いを込めていますが、
私は今の日本代表はこの敗戦の意味が何かを
受け止め動ける力はあると思っています。

そして残り2戦、
必ず勝ってくれるのではないかと
そう信じています。

多くの解説者や評論家の方が言う
気持ちを切り替えて、という言葉ですが
どう切り替えるかという事について

まだ語っている方は多くはないのですが
私なりに確信的に思うことはあります。

奇しくも前日本監督の岡田さんが解説の最後に
偶然起こることは何もなくて、
今の日本代表に必要な事が起こっているのですと

この言葉が私に響きました。
偶然の必然が起こっているという事です。
それはこの必然を必然として受け止める

これこそがまずは気持ちを切り替える事に
大事な事ではないかと思っているのです。

実は企業で売上を上げ利益を上げ続ける
そんな組織になるためには
今起こっている事の現実をしっかり受けとめ

そこから立つという経営者はもちろん
現場の最前線にいるリーダーの覚悟が
何より欠かせません。

この切替こそが

会社にチームに本当の勝利をもたらすのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください