チームビルディングコンサルタントとして「自分自身の成長戦略は?」

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディング
コンサルタントの石見です。

今日のテーマは、
「自分自身の成長戦略は?」
というお話をしたいと思います。

士業・コンサルの方で、
今年も、
自分自身の目標を立てたり、

目的を立てたりされている事って、
あると思いますし、

戦略と名付けて、
自分自身がどういうふうに
今年過ごしていくか

という事を
考えられている方も
多いのではないかと思います。

もちろん自分自身の為に、
「成長戦略」を持つという事は
大事です。

しかし、
チームビルディングコンサルタントとして
考えた時に
もっと大事なことがあるのです。

それを私は

「共感」

だと思っています。

なぜ「共感」なのかというお話を、
少ししたいと思います。

つまり、
自分自身で思い描いて、
成長戦略を立てて、
それを実践していく訳ですが、

もちろん、
上手くいく事もあれば、
上手く行かない事もある訳です。

思い通りに行くこともあれば、
行かない事もある訳です。

私氏自身もそうです。

そういう事を
きちんと自分で描いて実践して、

上手く行く事もあれば、
上手くいかない事もある、

不条理もあるのだという事を、
自分自身が実感してこそ初めて、

経営者の皆さまのご相談に乗る際に
共感を得る事が出来たり、

話に通ずるようになるセンスって
磨かれるものだと思っています。

要は、士業やコンサルの側に、
「自分自身がチャレンジする」
という事も含めての成長戦略が無ければ、

結局、経営者の人から見ると、

「なんだ、ただの絵に書いた餅か」

だとか、

「卓上の理論で
話をされているような感じがする」

という事が、
伝わってしまうと思うのです。

それが、
「自分自身の成長戦略」
を持ってやる事で、

上手く行かない事に
どう自分自身で向き合っていくか
という体験が、

結果、
経営者さまとの話し合いの中で、
それが生きてくる。

その向き合い方、
姿勢みたいなものが相手に伝わって、

こちら側のコンサルティングやアドバイス、
もしくはコーチングが、
その姿勢を通じて相手が気付く

共感というプロセスが、
私は生まれてくるのだと思っています。

ですから、
「自分自身の成長戦略」は、
ぜひとも自分の為に描いて欲しいのです。

大事な事は、
経営者さんと向き合って話をする時に、

「共感によって
大事なポイントが得られるのだ」

という事を、
今日は、お伝えしたいと思って、
お話をしてみました。

いかがだったでしょうか?

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください