コンサル・士業の方に知ってもらいたい「女性活躍推進」が上手くいかない理由

日本で唯一、売上を上げる
チームビルディング
コンサルタントの石見です。

今日は、
「女性活躍推進」
のお話をしたいと思います。

昨今、
「女性活躍推進」という話は
紙面を賑わわせております。

私の周りでも、
女性のそうした事を、
前からやりたいと思っていた、
コーチやコンサル、講師などの人は、
ある意味、今は活躍中なのですが、

いろいろお話を聴く中で、

「なかなか上手くいかないんです」とか、

「こういう感じで上手く行ってるんです」とか、

たくさんではないのですが、
私の所には、
少しずつ情報が入ってくるのです。

そこで、

上手く行かない理由ってなんだろう

と思った時に、気が付いた事は、

「女性活躍推進」と言っているからだ

という事です。

「女性活躍推進」と言うと、
そういうチームや委員会、
部署だったりが出来たりする訳です。

でも、これってどうですか?

女性の立場から見て、

「女性の活躍推進します!」

と言われた側はどう思うかです。

もちろん、

「それは、いいチャンスだ!
私は活躍したい!」

と思う人もいると思うのですが、

「え、ということは
私は活躍してないってこと?」

というようにも取られる訳です。

さらに、
「女性活躍推進」と言ってしまうと、

男性の側は、
「それって女性のことでしょ・・・」
と、

ますますトーンダウンしてしまう
可能性もあるのです。

でも女性活躍推進が上手くいっている、
少しでも進み始めている、
という所のお話を聞いてみると

「女性活躍推進」だから“女性”

ではなく、

「結局は、女性と接している
男性側の意識の問題だ」

という話もあって、

そうした事の変革もしながら、
女性側の意識も
変革していかないといけない

まずは、
そういう啓蒙活動をしていかないといけない

という話を聞くのです。

と考えると、

「女性活躍推進」

と名前を付けている事が、

実は、女性活躍推進を妨げている

という可能性はないのかな
と思う訳です。

まあ「女性活躍推進」と言ったほうが、
人事コンサルなどをしている側は、
コンサルティングを導入させるのには、
すごく良い切り口なのだろうと思います。

でも導入してから、
苦労するという事もあるのかな
と思っています。

いかがだったでしょうか?

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください