成果を出す組織にするコンサルタントが取組んでいる事

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。

今日のテーマは、
成果を出す組織を作るために
コンサルタントとして必要な事について
お話したいと思います。

大きなテーマですので、
これだけすれば良い!と
いう事はありませんが
私自身が特に心がけている事を一つ
お話したいと思います。

それは、
今“目に見えている問題は全て現象である”
と、捉えているという事です。
経営者や研修担当の方が口にされる
多くの課題や問題点、
これらの全てが現象です。

そして、
この現象を解決する事に乗り出すと
コンサルタントは間違いなく、
泥沼にはまります。

大事なのは、その現象が起きている
根本的な問題は何なのか、という事と
この問題を相手に気づいてもらう
という事なのです。

これを出来るかどうかが、
コンサルタントとして
とても大切な事であると思っています。

ある意味、コーチングのコーチが
経営幹部の皆さんに行う事は
こういう事です。

目に見えている問題では無く
その問題が出ている根本はどこにあるのか
その原因は何なのか
という事に気づいてもらうアプローチですね。

何故私が、その様に思っているかと
申しますと
そもそも組織の中で、問題が1個だけで
なんて事はなく、大なり小なり
沢山の問題や課題を抱えています。

それを大きく課題だ・問題だと
捉えるかどうかの違いであり、顕在化して
コンサルタントとクライアントの間で
話しあっているだけです。

実は、話していない事の中に
本当は大きな問題や課題は一杯あるのです。

結局、色々な課題や問題が繋がって

会社には存在しており
1個の問題を解決したからと言って
経営者の理想の姿になる事は
殆どありません。

勿論、糸口として目の前の人の
課題や問題に共感したり
丁寧に耳を傾ける事は大切ですが

“目に見えている問題は全て現象である”
と、捉える事で
コンサルタントとして
本当にやるべきアプローチは何なのか
という事がハッキリしてきます。

ここを間違えてしまうと
何をやっても上手く行かず成果も上がらない
という事になってしまうのです。

成果を出す事にフォーカスを当てた時に
私が辿り着いた一つの答えです。

是非ぜひ皆さんも
コンサルタントとして仕事をされるときに
“目に見えている問題は全て現象である”
という事を大切にして
取組んで頂きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください