コンテクストとコンテキスト

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一、売上を上げる
チームビルディングコンサルタントの石見です。

今日は、「コンテクスト」「コンテキスト」
のお話をしたいと思います。

勉強熱心な一部の方は、
既にご存知だと思いますが
改めてお話したいと思います

「コンテキスト」とは、
言語されたメッセージで
「コンテクスト」とは、
非言語メッセージです。

非言語メッセージをもう少し
具体的に表現すると
文脈、ニュアンス、雰囲気
という言い方になりますね。

一般的には、背景と言われたりしますが
言語化されない、空気感のようなものを
非言語メッセージ「コンテクスト」
と言います。

「コンテキスト」は、
言語化メッセージで
明確で分かりやすく
話されているものですね。

コンサルタントとして
この違いを明確に理解し
適宜使い分けできる事

特に最近の日本は、
使い分けできることが
大事なのではないかと
肌で感じています。

海外からの影響か
『言わないと伝わらい、
言語化しないとダメだよ』
と盛んに言われていますね。

しかし、これをやり過ぎると
「そこまで言う必要無いでしょう」とか
「あなたにそこまで言われたくない」
という言葉で返ってくるなど
関係性に問題が生じる可能性もあります。

これは、「コンテキスト」(言語化)
し過ぎる事で雰囲気を壊してしまい
相手から、
「コンテクスト」(ニュアンスや文脈)
は、何となく分かっているよ!!
という返答により、
気持ちが分かって貰えていない事に
落胆させてしまうこともあります。

ですので
「コンテキスト」と「コンテクスト」
言語化するのはどこまでか
言語化しないなら、どこまでしないのか

という事を、きちんと使い分ける事が
コンサルタントとして大事なことだと
私は思っています。

是非ここのポイント
「コンテキスト」と「コンテクスト」
の違いを理解し、使い分けることを
身に着けて頂きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください