サッカー日本代表が残したもの【後編】

前回は、サッカー日本代表が
ワールドカップで残したものについて、
率直に私自身が思うところを書いてみました
今日はチームビルディングコンサルタントとして
チームビルディングの視点からみた
日本のサッカーの目指す先について
語ってみたいと思います。

ただ私はサッカーの専門家ではですので
その部分は差し引いて聞いてくださいませ。
今回のワールドカップはスペインやイタリアといった
日本のようにフィールドの真ん中を支配する
ポゼッションサッカーと呼ばれるスタイルを
持つ国がグループリーグで敗退しました。

そのようなサッカーを目指す限り
日本の4年後は暗いという話がすでに出ています。
つまり結果を残しているスタイルに変えていけと・・・。

もし本当にそれが、
4年後向かうための答えだと思っているのであれば、
それはただの「アホ」な答えです。

オランダは、前回決勝でスペインに負けてから
それこそこのブラジルワールドカップまでの
4年間、「どう勝つか?」を考えてきたはずです。

そのプロセスは、オランダの4年後を見据えて
自分達の最大の強みは何か?
それを最大限に活かす為にどうするのか?

これをひたすら考え続けていたはずです。
それを考え続け、試し続けていたはずです。
それが戦い方となって形になっただけです。

今回の世界の流れとしての結果だけみて、
このサッカーを目指すというのは、
所詮、キャッチアップ型の発想なのです。

それこそが高度経済成長の時代に染みついた
発想そのものなのです。
「チームビルディングが根ざす」の本当の意味は、
組織やチームの強みは何か?
その強みを中心にどう活かすか?

それを自分達が考えつづけ、
思考錯誤しつづけ、
進化しつづける組織になる事なのです。

すでに結果を残し、見えているものを観察し、
取り入れる事はとても大事な事です。
ただそれでは本当に結果を出し続ける事は出来ません。

日本のサッカーが本当に強くなるために、
自分達が世界で通用するかもしれない強みを

どう磨くか・・・
どう活かすか・・・

その先に日本のサッカーがあると思っています。

それこそがチームビルディングだと思っています。

チームビルディングコンサルタントとして
1つ1つの企業の本当の強みを引き出し、
そこにいる経営者を含め全員が強みを高め合う、
そんな仕事をしていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください