「自発的に動く」組織は失敗する

自発的に動く組織は失敗する

今日は

「自発的に動く」組織は失敗する

という話をしたいと思います。



自発的に動く
自発的に働く
自発的な組織をつくる、など


何かを「自発的」にする
ということは


自分で考えて
自分で判断して
自分で動く


という事であり


「自発的」という言葉には
ポジティブな印象を抱く方は
多いと思います。



しかしながら


自発的な組織を作る時には
自発的に動けるスペースを
作る必要がある


ということを
忘れてはいけません。



自発的に動けるスペースがなければ
“自発的に動けない”からです。



そして、これが意味するところは

「失敗ももたらす」

ということです。



もう少し正確に言うと
成功することも失敗することも
同時に存在する


上手くいくこともあれば
上手くいかないこともある


ということです。




ですから


「自発的に動く」をつくる
というのは


「失敗が許される場を提供する」こと
「自発的な動きをサポートする」こと


の覚悟を決めて取り組むこと
という話なのです。



自発的に動くということは
自分で考えて
自分で決めて
自分で実行する訳ですから


やはり
はじめは精度が低く
成功する確率は低い訳です。



そこから経験を積み
仕事の精度を上げていくことで
成功する確率は
上がっていきます。



そんな流れを作っていく
ということが


自発的な組織をつくる
プロセスなんですね。




追伸

自発的に動けるスペース
を作ったからといって
実はすぐには動きません。

その期間を待てずに
スペースを無くしてしまい

結局、いつまでたっても
自発的に動く組織が作れない
ということが起りがちです。

成長する段階での
失敗する確率を減らし

最短で成長に導くための
組織づくりの技術があります。
↓ ↓ ↓
組織を最短で成長に導く

組織づくりの技術は
後半で解説しています。


追伸2

前半は士業・コンサルタント
のためのコンサルティング話法を
お伝えしていきます。

顧客からの相談に対して
専門知識を使って答えているが

「いい話を聞いた」
で終わってしまい

相談業務でなかなか
お金がいただけないという
ことはありませんか?

わずか3つの質問で
コンサルティング契約が獲得できる
クロージングの技術を
お伝えしています。
 ↓ ↓ ↓
3つの質問で契約を獲得する