成果が出せるリーダーと出せないリーダーの違い その1

成果が出せるリーダーと出せないリーダーの違い その1

HOLA!(こんにちは)
ポンコツスタッフの水口です(*^^*)

先週から
トルティーヤKOZOが語る動画を
私視点で自由にお伝えしています。

先ずは今回の動画をどうぞ!

▼▼▼
成果が出せるリーダーと出せないリーダーの違い

では今日の 
Let’s トルティーヤ♪♪♪

 

最初に
カミングアウト致しましたが

私はサッカーに詳しくありません(汗)

初回では
野球漫画ドカベンのお話をした程です(汗)

 

しかし動画の題材は
サッカー漫画
『ジャイアントキリング』です。

そもそも
『ジャイアントキリング』って。。。


弱いものが強いものを倒す‼

「大番狂わせ」
「大金星」
という意味ですって。

超絶な弱小プロサッカーチームETUが

『ジャイアントキリング』を起こす
そう言うストーリーが

漫画「ジャイアントキリング」‼

 

その第一歩として
達海監督が起こした戦略が

村越キャプテンを
キャプテンから外すという事。

ETUチームの1:9という
戦力の偏りの枠を外しにかかった訳ですね。

 

その戦略によって
課題が明確化したシーンが

今回の動画で語られていました。


漫画2巻めの始め頃
たった3ページですが

「ここに組織を蘇らせるヒントがある‼」
トルティーヤKOZOは断言しています。

キャプテンを外された村越を慕う
黒田と杉江は。。。

いわゆる「村越派」
面白いはずがありません。

達海監督にさえ
遠慮のない憤懣を訴えています。


「村越派」。。。
『派閥』は・ば・つ

『派閥』のある組織は
成長も生産性も成果もない。。。(汗)

Oh no ‼

では
どうすれば成果の出せる
組織になるのでしょう。。。


続きは
成果が出せるリーダーと出せないリーダーの違い
その2で


成果が出せるリーダーと出せないリーダーの違い
▲▲▲

動画ぜひご覧くださいね!
チャオ~♪