士業、コンサルタントとして「ビジョンとは何か?」の本質を知ること


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
今日のテーマは、
 
「ビジョンとは何か?」
 
というお話をしたいと思います。
 
 
ビジョンについては、
何度かお話をしていると思いますので、
 
聞いた事がある方には
復習になるかもしれません。
 
 
 
ビジョンとは何かというと
動画のように
目に見えるものの事をビジョンといいます。
 
もちろん写真という形でも
いいかもしれませんが、
 
ビジョンなので、
「目に見える」
ということが大事だと思っています。
 
 
ビジョンと言われて、
私のビジョンはこうですと
文章で書いたとします。
 
その文章で書いたものが、
ビジュアルとして、
それを語った人の中に思い浮かんでいたり、
 
それを聞いた人が頭の中で、
映像とか写真のように思い浮かんでこそ
それがビジョンという事になる訳です。
 
そのような本質的なところが
すごく大事だと思っています。
 
 
だから、
士業とかコンサル、コーチの人が、
相手からビジョンを引き出す、
相手にビジョンを語ってもらう時に
 
大事なことは、
相手に動画を解説するように
話してもらう事です。
 
 
相手が、頭の中で、
動画を思い浮かべているような感じで
伝わってくれば、
 
それはビジョンについて、
しっかりと考えて貰っている、
きちんとやれているという事になります。
 
そこがすごく大事です。
 
 
ビジョンを決めると言った時に、
何かこう言葉になっていないといけない
みたいな事はもちろんあります。
 
言葉になっているという事は、
よりしっかりメッセージ性があるから
という事になります。
 
 
しかし、
言葉を作るということを
直接的にやる事によって、
 
なにか言葉が出来た=ビジョンが出来た
 
という事になってしまっている人が、
私は、実は多いと思っています。
 
 
本来はビジュアライゼーション、
つまりビジュアルが見えるように
イメージ出来て、
 
それを言葉に定義付ける事で
言葉が生み出されて、
 
 
その言葉を聞いたら動画が思い浮かぶ、
 
そして、
動画で思い浮かべたことを言葉にする
 
 
この両方のやり取りがきちんとあってこそ、
 
ビジョンが明確になる、
 
ビジョンが共有できる言葉が出来る
 
という事になるのです。
 
 
 
ぜひとも、ビジョンという言葉の本質を、
士業やコンサル、コーチの人は
もう一度きちんと確認をして、
お客さまと接して頂きたいと思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください