罰則付きの働き方関連法案の影響

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

罰則付きの働き方関連法案の影響

です。

 

士業やコンサルタント、
特に人事系のコンサルタント
社労士さんなどは

多かれ少なかれ
働き方改革関連法案の流れは

経過を見ている状況だと思います。

これからますます
経営者の方から複雑な問題を
相談されるんじゃないかと思います。

 

法律の観点から

どういう法律なのかということを
教えてほしいという話

それが起こったらどうなるのか
についてお伝えすることから始まり

それをどうやって
守っていけばいいのか、
どうやって実現すればいいのか
という相談になり、

更に
それをどうやって実現するかの
手助けして欲しい

どういう風に手をつけるか
教えて欲しい

という話になるでしょう。

簡単に言うとそういう流れがこれから
出てくるだろうという風に思います。

 

そうなると特に
人事系のコンサルタントをやる
社労士さんの方は

これをどうやって
解決するか、
糸口をどう見つけられるか
どうやってその組織働き方を変えていけるか

というリアルな組織の変革していく力
みたいなものを
身につけていかないと
いけないということになると
思うのです。

経営者の方から複雑な問題を
相談されないようにする

ということも
あると思うんですが、

そういうニーズに
応えられないコンサルタントとして
プランニングされていきます。

それはそれでいいとは思いますが、

今後の皆さんのビジネスを考えた時に
本当にそれでいいのか
という話ですね。

 

今ここで大事なことは

経営者から
複雑な問題を相談される

ということが私たちにある中で

どんな風に対応していくか
ということが問われ

今後そのことについて
私たちは
よりスキルアップしていく必要がある
という風に思っています。

 

いかがだったでしょうか?

何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください