「後継者にうまく経営を引き継がせたい」という相談が来たら パート2

今日は

後継者にうまく経営を引き継がせたい」
という相談が来たら パート2

ということで

前回は
後継経営者以外の人たちに
ついても考えないといけませんよ
という話をしましたが

今回は
それはどのように考えたらいいのか?
という話をしたいと思います。

ポイントは
うまく引き継がせたいという
話が来た時に

サクセッションプランの作成を
提案するということです。

サクセッションプランとは
どういうものかというと

継続的に体制が引き継がれる
ということをどうやってやっていくか?
というプランのことです。

シンプルにいえば
組織図を作るということですね。

要は今の組織図を作ってですね
3年後もしくは2年後に経営を
引き継ぐということを考えた時に

誰が社長になり
誰が部長になり
誰か課長になりとかですね

こんなふうに数年後
経営を引き継がせようとする時の
人事計画を作るということです。

2年後・3年後を想像しながら
作っていくと

このポジションには
この人だと役不足かもしれないとか

全体のことを考えると
うまく成長させないといけない人が
単純に後継経営者だけではない
かもしれない

ということが
見えてきたりするわけです。

そうすると
中長期的に後継者の引き継ぎを
考えて

組織全体を規制していく必要性に
気付けたりするわけですね。

引き継ぎに向けた
育成カリキュラムだったり

やるべき事みたいなことが
頭の中に入っていると

より後継者の引き継ぎが
うまくいく可能性が高まる
わけです。

やはり
現在の経営者にとってみれば
単純に後継者を選ぶというだけでなく

今の会社がさらに良くなり
継続的に発展することを
常に考えているはずですよね。

サクセッションプランは
それをどうやって実現していくか?
ということを形にするものですので

うまく引き継がせたいという
思いで作成していただくと
いいと思います。

是非ですね
士業やコンサルの方
経営者の相談に乗る方は

《組織力》
組織としての
取り組み目標を決め

《人材力》
どんな人たちがいるのかを
ヒアリングしながら

《関係力》
経営者とともに
コミュニケーションを
働かせて

サクセッションプランを
作っていかれたら
いいんじゃないかな
というふうに思っています。

追伸:

コレおもしろいです。

クライアントさんに提供してみてください。

チームビルディングの基礎
人材力・組織力・関係力を
『ゲーム』を通じて
「はっ」とする気付きから体験してもらえますよ。

現在、無料進呈中です。
https://saikyou-team.com/lpfo/veg/