士業・コンサルは、経営者にとって「あなたはどんな人なのか」を明確にすること


日本で唯一、
売上を上げる
 
チームビルディングコンサルタント
の石見です。
 
 
 
今日のテーマは、
 
経営者にとって
あなたはどんな人なのかを明確にする
 
というお話をしたいと思います。
 
 
 
前回、
 
経営者にとって
あなたはどんな人なのか?
を考えましょう
 
というお話をしました。
 
 
 
もちろん、
 
「どんな人なのか?」
 
ということを考える事は
すごく大事です。
 
 
まず、
これが無いと何も始まりません。
 
 
そして、
 
「どんな人なのかを明確にする」
 
と考えた時に、
 
どういうことを考えないと
明確にならないか?
 
 
という話をしたいと思います。
 
 
 
ポイントは、
 
自分の役割を知るには
相手の役割を知ることが大事だ

 
という事だと私は思っています。
 
 
 
もう少し具体的に言うと、
 
自分の役割は、こういう役割をする事
 
と考えた場合に、
 
 
では他の人の仕事や役割とは
どういう事をしているのか?
 
 
を知ることが大事だということです。
 
 
 
特に、
 
経営者の方の相談に乗ろうとする、
士業やコンサルタント、コーチに
取ってみれば、
 
経営者からの相談というのは、
 
本当に360度
あらゆる事を相談される場合がある訳です。
 
 
その時に、
 
「自分の得意な所は知っているけど、
他の所は知らない」
 
という話になった時に、
 
やはり経営者の方からは信頼されにくい
 
という事は
 
現実的にあるのと思うのです。
 
 
 
だから、
 
自分の専門ではないけれども、
経営者の方から相談された時に、
 
 
「それは、
こういう専門家の方を探すと良いですよ」
 
とか、
 
「こういう人は周りにいないですか?」
 
 
と質問をしたり、投げかけたり出来る事が
 
非常に大事だと思っています。
 
 
 
つまり、
 
自分の仕事の事は知っている、
 
さらに、
 
他の人の仕事や役割を知っている
 
という事で、
 
 
その結果、
 
自分が経営者さんに
まずは相談される立場になる

 
という事になります。
 
 
 
さらに、
そういう事を理解、体験することで、
 
より自分の強みや、
これから強化していくべき事が、
 
どんな事なのかが、ハッキリします。
 
 
 
ですので、
 
自分の専門性を高める
 
というのは、
もちろん当然として、
 
 
自分の周辺にいる人たちの
仕事や役割について
 
どんな役割なのか?
 
どういう事が出来る人なのか?

 
ということを、
 
常にアップデートしておく事が、
すごく大事なことではないか
 
と思っています。
 
 
 
ぜひ、
 
自分の役割を知るという事は
他の人の役割を知ることなのだ

 
ということを頭に入れて、
周りの方に関心を持って頂ければ
 
と思っています。
 
 
いかがだったでしょうか?
 
 
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください