レベルの高い仕組みづくりは失敗する

レベルの高い仕組みづくりは失敗する

今日は

レベルの高い仕組みづくりは失敗する

という話をしたいと思います。



会社をうまく回すための
「仕組み」やシステムを
作るときに大事なことは何か?
というのが今回のテーマです。



ポイントは

「仕組みづくり」は
今いる人材のレベルに合わせる

という事です。



まずは
現在のレベルに合わせた
「仕組みづくり」をしながら
少しずつ仕組みのレベルを
上げていきます。



いきなり高いレベルの
「仕組み」を作っても


それを回すことが出来なければ
機能しないからです。



ですから、今いる人材が
少し努力をすれば届くレベル
というところで仕組みづくり
をしていく。



それが出来るようになったら
徐々にそのレベルを上げていく。



最初から完璧な仕組みを
作ろうとしないことが


上手くいく
「仕組みづくり」において
とても重要になります。



「仕組みづくり」
をするときは


今いる人たちが
どういう意識で
どういう事が出来て
どういう事が出来ないのか


今の業務の流れの中でいうと


どんなことに
どれくらいの時間が割けて


どんなことに
どれくらい時間が割けないのか


といった事を
整理しながら


その状況に合わせて
「仕組みづくり」を
してみてください。



今回も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。




この記事にピンときた人は...
 ↓ ↓ ↓