外国人の友人に「阿吽の呼吸」を仕掛けられました

チームビルディングコンサルタントの石見です。

最近、友人と待ち合わせをした時に
こんな会話がありました・・・。

友人
「雨降ってきたんだけど傘ある?」

石見
「雨降ってきてるね。傘1つあるよ。」

友人
「待ち合わせ場所の近くに
 来てると思うんだけど、どこにいる?」

石見
「OOOの前のスタバの中にいる。
 そこからだと傘買った方がいいね」

友人
「(一瞬無言・・・)わかった。
 とりあえず傘買っていくわ。」

特に問題なさそうな会話なんですが
何が問題か想像できますか?

実は私もこの時点では
全く想像できなかったんですけどね。

その後
スタバで無事に合流して
打合せが終わってから・・・

友人が切り出してきたんです。

友人
「KOZOさぁ、最初にぼくが電話で
雨降ってきたんだけど傘ある?って聞いたのって
普通、俺に貸せる傘あるってことなんちゃう?

傘1つあるって言ったから、
貸してくれると思ったよ!どういうこと~?」

石見
「え~そういう事?
いやいや傘あるって聞かれたから
傘が1つあるって応えたんだけど・・・」

友人
「その傘はKOZOが使う傘でしょ。
そういう場合は、
傘持ってないって応えないと・・・」

石見
「いやいや、傘手元にあるし・・・」

友人
「じゃ~、今から合流してくるOOに聞いてみよう!
 どっちが普通かって!(笑)」

という事だったんですよね。
どう思いますか?

友人の思いは
雨が降っているという状況(背景)の中で
傘持ってる?という言葉が
「今、傘持ってないから貸してくれる?」
という事を意味していたということです。

こういう事を【阿吽の呼吸】と呼びます。

逆に
会話がかみ合っていないと感じたら
相手が発する言葉の背景と
自分の発する言葉の背景が
かみ合っていないということです。

“あれっ?!かみ合っていない“
って感じたら
相手の言葉の背景を知りに行くことを
実践してみてください。

言葉の意味は背景によって変わるという事を
是非、覚えておきたいですね。


因みに・・・

その友人は日本に長くすむ外国人です。
阿吽の呼吸を仕掛ける外国人って・・・

いや、まあ・・・
外国人って言っても人生の長さで言えば
日本で生活するほうが長い方ですが・・・

・・・私の方が外国人?笑