コーチングファームジャパン

ホーム > お客様の声お客様インタビュー > 三五屋青果株式会社 代表取締役 井上智裕様

三五屋青果株式会社 代表取締役 井上智裕様

最強のチームビルディングプログラムを受けられたお客様

◆的確な判断ができるようになった。

01.チームビルディングセミナーを受けようと思ったのは何故ですか?
三五屋青果株式会社
(卸売業)
代表取締役 井上智裕様

石見君を信じて。
話を聞いてみて今まで自分になかった世界
というか知識だったので。
あと経営者として歩み始めて閉塞感を
感じていたので、それを変革できるかもと思ったから。

02.チームビルディングのセミナーを受けた後の感想は?

個々の能力も大切なんやけど、どうやってそれを引き出すか
というのがどんなけ大切かを感じた。

03.セミナー後どのようにハーマンモデルを取り入れましたか?
取り入れた成果はどのように現れていますか?

個々にしか与えてなかった目標や仕事を数名で共有することにしたね。
ハーマンモデルで各個人の得意不得意が分かったのでそれに合うようにも変えた。

手には利き手が、目には利き目が
あるように、脳もそれぞれ個人が
使いやすい所や重点的に既に
良く使われている所があり、
それをハーマンモデルでは効き脳
という呼び方
で呼んでいます。
人の個性=個人の思考パターンと
いう考え方から、効き脳を理解
しやすくモデル化しています。
それらのモデルを使って個性と
個性をうまく組み合わせる視点から
チームビルディングの概念を
導き出しています。
さらに詳しく知りたい方はこちら

ハーマンで言うと(A、B、C、Dについては、右図を参照ください)
DとDを離した。
何故なら一緒にいたら何となくわかりあえるのもあって
見えてへんことが多いから。
BとDを合わせたんだけど結局離れた。
でも収穫だったのはDがAに近いBの仕事を
覚えてできるようになった。
その後私が担当していたAの仕事をBかDの
どちらかにさせようと思って、
迷ったけどDにさせることにした。
するとDがAの仕事もできるようになり、
今では業務の中心的なリーダーになって急成長している。

(迷った時に決め手になったの理由は?)

自分がDなのでDの彼の方が伝わりやすいし、
分かってもらいやすいと思ったから。
回りはみんな彼にAの仕事は無理やでって言ってたし、
彼自身もこんな仕事をするとは思わなかったって言ってる。
それでも彼はほんと急成長してて、私が行ったセミナーとかでも
まっさきにどんな内容やったか聞いてくるからね。

(それでBの人は?)

今までどおり任された業務を着実にやってるよ。

(井上さん自身が具体的に変わったことは?)

私の仕事が減ったので午前中から外出できるようになった。
これは大きい。
前やったら無理やったもんね。
今はセミナーに行ったり人に会いに行ったり行動範囲が広がったし、
やりたいことがやれるようになって仕事がどんどんすすんでる。

(あとのスタッフは?)

Cは難しい。
なかなか変わらん。
もともとCの下にさっきのDとBを部下のような形でつけてたんやけど。
この部下のDが伸びてきたのである意味Cと同じような感じで仕事してる。
一応Cが部長なんやけどね。
やさしいというかなんというか、みんなが頼るというか
よってくるというかそんな感じ。

(なんか精神的な柱になっているように伝わりましたけど・・・)

そうやね、そんな感じやね。
個人的にはもうちょっとガンガンいって欲しいんやけど。

(Bの方は全体の中でどう動いてますか?)

全体に組み込まれているというか・・・・まわりまわったことをやってるというか・・・
全体の仕事に及ぼす影響は少ないけどね。

04.取り入れるときに気をつけたことは何ですか?

個々の性格と能力に合わせて考えた。
みんな一緒でないので。

05.取り入れた後のスタッフの反応はどうでしたか?

スタッフは気付いていない。
自然な流れになっていて、ブレインの結果でこんなことやっていることは気付いてないと思う。
それにブレイン診断の結果を見せただけで説明していないしね。

06.スタッフの反応でマイナスなことはありましたか?
あればどうやって克服してきましたか?

マイナスは避けたからない。
そのために結果だけ見せて説明してないので。
それを知ることでそれしかできないと思われることを避けた。

07.セミナー後、コーチングも受けられていますがコーチングについての感想は?
受ける前と比べてどうですか?

自分の考えを順序だてて話せるようになったというか話すように努力している。
あと人の意見を取り入れやすくなった。
どいうことかというと、自分の耳障りなもの=不得意なものを
努力して受け入れようとしている。
例えば今までは事業計画なんかざっくりしか立ててなかったのに、
しっかりとしたもの立てようとしてるからね。

08.コーチングを受けて成果はどのように表れていますか?

物事を一方からだけでなく、多方面から見れるようになった。
あと物事を精査できるようになった。

(そうすると?)

的確な判断ができるようになった。
というのは裏づけというか意味を持った答えを出せるようになった。
今まではやったらいいという感じだったので。

(それからどうなんですか?)

あせることがなくなった。
機を熟すまでまてるようになったというか、来るべくしてくると思えるようになった。
以前は待てなくてどうしょうかってあせることが多かった。

09.コーチングだけとコーチングとハーマンモデルを知るのと
比べて違いはあると思いますか?あるとすればどんな違いだと思いますか?

全然違う【即答で声が大きく】
スピードが違う。
理解力が違う。
物事をシュミレーションした時にABCDのどこの部分かすぐ分かるので。
(確かにセッションでも、Aの部分話てるとか、Bの部分はどうですかとかこちら言って、
答えていただいてますもんね)

10.コーチングを受け続けると今後どんな成果を出せると思いますか?

想像もつかん。
無限。
もっと人の能力を引き出すことができるんじゃないかと思ってる。
これからそれをしっかりと身につけたい。
最近、人の話を聴くのがほんとおもしろいんですよ。


三五屋青果株式会社様 導入フロー

●チームビルディングセミナー受講。それと共にコーチングの実施。
↓↓
●2ヶ月間コーチングセッションの中で、今後の会社の方針や事業方針をはじめ様々なことを
 考える機会をもち、徐々に方向性を見定めていく。
↓↓
●2ヵ月後に会社にいる社員全員に対して効き脳診断テストを実施。
 この診断をもとに再度、社員の仕事への割り振りや任せ方を練り直し、試行。
 その時にもう一人のリーダー候補として考えていた者をを正式に抜擢。
↓↓
●さらに2ヶ月後に「最強のチームビルディング」導入を決定。
 会社の更なる成長には二人のサブリーダーの成長が不可欠と
 コーチングを通してたどり着き、導入を決定。
 専門家に入ってもらうほうが成長のスピードと成果が上がるのが早いと判断したのが決め手。
↓↓
●導入を決断してから実際の導入まで約1ヶ月。
 再度どんな目的でやるかの確認や、無理なく参加してもらうために
 クライアント側の仕事を含めての調整や実施の曜日や時間などの細かい設定行う。

お客様の声トップに戻る