デザイン経営という新たな流れ

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日は

デザイン経営という新たな潮流

という話をしたいと思います。

経営者の方であれば
デザイン経営という言葉を

聞かれたことがあるかも
しれません。

デザイン経営というのは

ここ数年で
少し注目を浴びている
経営の仕方で、

デザインする力を
身につけていきましょう
という話です。

そもそも
デザインという言葉は
英語からきているわけですが、

私たちが普段使っている
意味とは違って

英語で言うデザインは
設計する・構築する
という意味で使います。

デザイン経営は

ビジネスを設計できる
人材を育成する
ということです。

今までビジネスに
取り入れられなかったものや

ビジネスの範疇に
入らなかったもの、

他の業界のものを
既存の枠組みにとらわれず

取り組める場所を
デザインしていく力を
身につけていきましょう

ということなんですね。

この時に併せて大事なのは
チームを設計して
構築し直す力です。

ビジネスを設計し直す
ということは

そのビジネスを運用する
チームも作り直さないと
いけないということなります。

ここで
チームビルディングが
必要になってきます。

チームを設計し直す力のポイントが

人材力・組織力・関係力の
3つの力でチームを
作り直すことが
できるかどうかです。

デザイン経営について
少し皆さんのアンテナを
立てておいて頂けると

いいのではないかと思います。

いかがだったでしょうか?
ご意見、ご感想お願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください