残業代が減りすぎても困る

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

残業代が減りすぎても困る

という話をしたいと思います。

 

残業代が減りすぎて困る
というのは

働き方改革をしていくときに
働いてる側が困る心理を
表しています。

残業時間を減らすのは
凄くいいことだけれども、

それによって
残業代が減ると
生活していくのに困るなぁ、

と思われる方が多い
ということです。

ある調査では
60%以上の人が
残業手当残業代が減ると困ると
答えています。

このようなブレーキがあると
なかなか残業時間削減に対して
積極的になれないわけです。

 

残業時間が削減されて
残業代が減る分を還元する
という政策が
必要なのではないかと思いますし、

そうして収入を安定化させることを
会社として考えていくことが
基本的には必要なのではないかと
思っています。

まず残業時間を削減しようと
考えた時に
経営者がやるべきは

残業代が減った分だけ
還元するということです。

このやり方を是非
考えていただきたいと
思います。

 

いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください