残業時間削減に取り組む時のまず一歩 パート2

情熱で奇跡の成長を導く
日本で唯一売上げを上げる
チームビルディングコンサルタントの
石見です。

今日のテーマは

残業時間削減に取り組む時のまず一歩 パート2

ということで
前回も残業時間の削減に
取り組む時の相談されたとき
まずどうするべきかという
話をして

相談のレベルではまず
ビジョンを聞くという話を
しました。

それと並行して
第一歩やっていかないと
いけないことは

残業時間を正確に把握する
ということです。

それは共有するという意味も
含んでいます。

 

しっかり残業時間が
把握できている会社も
あるんですけれども

残業時間を正確に
把握してないところも
結構あるのではないかと
思います。

タイムカードだったり
時間を記録しているとこも
あるけれども、

実はサービス残業しているとか
仕事を持ち帰っているとか
そういうことも
あるかもしれません。

そう考えると
残業時間を正確に
把握させることが

取り組む時の第一歩
なのではないかということです。

 

作業時間を正確に
把握することは
その次に向かう
残業時間削減の目標を
立てるために必要ですし、

残業時間を正確に把握する
という中で
現場の問題を把握できる
ということもあると思います。

残業時間の削減取り組みたいと
相談された時に

残業時間を正確に
把握することが第一歩だと
アドバイスできることが
私達にとって大事だと思います。

 

いかがだったでしょうか?
何かご意見、ご感想をお願いいたします。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください